ティンバックツー リュック 軽量 ローンチパック 買物 7179円 [ティンバックツー] リュック ローンチパック 軽量 シューズ&バッグ バッグ・スーツケース リュック・バックパック ティンバックツー リュック 軽量 ローンチパック 買物 7179円 [ティンバックツー] リュック ローンチパック 軽量 シューズ&バッグ バッグ・スーツケース リュック・バックパック 軽量,リュック,/semiorb976316.html,7179円,ローンチパック,[ティンバックツー],シューズ&バッグ , バッグ・スーツケース , リュック・バックパック,switch-on-desk.sakura.ne.jp 軽量,リュック,/semiorb976316.html,7179円,ローンチパック,[ティンバックツー],シューズ&バッグ , バッグ・スーツケース , リュック・バックパック,switch-on-desk.sakura.ne.jp

ティンバックツー リュック 軽量 最安値に挑戦 ローンチパック 買物

[ティンバックツー] リュック ローンチパック 軽量

7179円

[ティンバックツー] リュック ローンチパック 軽量

商品の説明

商品紹介

軽量且つ耐久性・撥水性のある雨蓋式バックパック。
非構造的設計により柔軟な収納が可能。
耐水性を向上させる引き紐開閉式。
トップグラブハンドルとフロントのジッパーポケットへのクイックアクセス。
ラップトップやファイルへのアクセスが可能なサイドジッパー。
U字ロックやウォーターボトルが収納可能な両サイドポケット。
アクセサリー取り付け用ループ付アジャスタブルショルダーストラップ。
マット仕上げの大きめジッパー。
シルバーリフレクティブジッパープル。

ブランド紹介

【TIMBUK2 / ティンバック2】
1989年、カリフォルニア州サンフランシスコで一人のバイクメッセンジャーが一台のミシンと格闘しながら最初の「ティンバック2」を創り出しました。
彼の名はロブ・ハニーカット。彼が自分で作ったメッセンジャーバッグを街中で使用していると、メッセンジャーではない一般の人にも、「そのバッグはどこで買ったのか」と頻繁に聞かれるようになりました。
そこに可能性を感じたロブは、メッセンジャーバッグの会社"Scumbags"を立ち上げて販売を開始。
彼が作ったバッグの耐久性はメッセンジャー達の間で瞬く間に評判となります。
1990年、ロブは"Scumbags"という会社名は本物のバッグカンパニーとして必要な信頼性に欠けていると感じ、伝説的なアフリカの街「Timbuktu(トンブクトゥ)」と人気のあるインディーズバンド「Timbuk3」からとって、「Timbuk2(ティンバック2)」という名前に変更しました。

1994年、ロブはマス・カスタマイゼーションとトヨタモーター社のメーカー哲学を学び、「ティンバック2」のシグネチャーバッグであるスリーパネル、トリカラーメッセンジャーバッグを発表。
その特徴的なスリーパネルデザインとカラフルなバリエーション、一目で分かるスワール(渦巻き)ロゴはやがてサンフランシスコのアイコンとなりました。
またこの頃、バイクショップやエンドユーザーに向けて、カスタムデザインできるオリジナルバッグの受注も始めます。

2000年代に入るとコンピューターのキャリーケースやラップトップのソフトケースを発表したり、カメラバッグやヨガバッグ、メッセンジャーバッグのアーティストシリーズ、トートバッグやダッフルバッグなどを加えたバッグとアクセサリーのコンプリートラインを始動。
さらに海外展開も開始するなど、「ティンバック2」は積極的な活動を進めます。

「ティンバック2」の創業から25年以上経った今でも、ロブ・ハニーカットの意志は受け継がれ、「ティンバック2」のバッグはいつ何時でもそばにいてくれる、とてつもなくタフなバッグとしてその名を馳せています。
「ティンバック2」は過酷な旅であっても信頼できる相棒として、その時必要なものを全て積み込んで、いつもあなたの側にいます。
それはあなたの自由の証であり、また人生において欠かすことのできない、それでいて簡単に失われることもない、あなたの大切な道具の一つでもあります。
信頼。それは「ティンバック2」にこそ当てはまる言葉です。

[ティンバックツー] リュック ローンチパック 軽量

仙台市天文台
コンセプト
  • アクセス
    観覧料
  • 施設情報
  • プラネタリウム
  • イベント案内
  • 天文情報
  • 仙台市天文台公式アカウント
    外部サイトへリンクします