7642円 [ケルティ] リュック 2592057 ヴィンテージ・デイパックHD2 B4サイズ収納可 シューズ&バッグ バッグ・スーツケース リュック・バックパック switch-on-desk.sakura.ne.jp,7642円,[ケルティ],ヴィンテージ・デイパックHD2,2592057,/magnification369623.html,リュック,シューズ&バッグ , バッグ・スーツケース , リュック・バックパック,B4サイズ収納可 7642円 [ケルティ] リュック 2592057 ヴィンテージ・デイパックHD2 B4サイズ収納可 シューズ&バッグ バッグ・スーツケース リュック・バックパック ケルティ リュック 2592057 ヴィンテージ デイパックHD2 爆安プライス B4サイズ収納可 ケルティ リュック 2592057 ヴィンテージ デイパックHD2 爆安プライス B4サイズ収納可 switch-on-desk.sakura.ne.jp,7642円,[ケルティ],ヴィンテージ・デイパックHD2,2592057,/magnification369623.html,リュック,シューズ&バッグ , バッグ・スーツケース , リュック・バックパック,B4サイズ収納可

正規品スーパーSALE×店内全品キャンペーン ケルティ リュック 2592057 ヴィンテージ デイパックHD2 爆安プライス B4サイズ収納可

[ケルティ] リュック 2592057 ヴィンテージ・デイパックHD2 B4サイズ収納可

7642円

[ケルティ] リュック 2592057 ヴィンテージ・デイパックHD2 B4サイズ収納可

商品の説明

商品紹介

現代のデイパックというジャンルの原型にして定番中の定番「DAYPACK」。背部と底部には高品質 BBG(ベースボールグローブ)レザーを使用した 「ブタ鼻」を配置、さらに当時のロゴを採用するなど 70 年代モデルを完全に復刻。こちらはデイパックの底部分をスウェードレザーにしてよりHD(ヘビーデューティ)にしたモデルです。 18L フィリピン製

ブランド紹介

KELTYの歴史は、そのままバックパックの変遷と言える。
大型であれ小型であれ現在のバックパックの機構には、ウエストベルトが装備され、背部をテンションさせるなど幾つかの共通点がある。
この基本概念は、50年以上前、ディック・ケルティの「発明」による。
KELTYブランドは1952年、南カリフォルニアのディック・ケルティの自宅で、500ドルの借金と共にスタートした。
ケルティはガレージで、溶接機を片手にアルミフレームと格闘し、妻のニーナは台所でミシンをかけ続けていた。
自身が熱狂的なアウトドアマンであるケルティは、自分が納得できない製品に妥協することなく、作っては改良を加える日々が流れた。
しかし転機はまもなく訪れた。カタログに掲載した前代未聞のモノ、アルミ製フレーム+分割されたナイロンのコンパートメントに、全米の若者達の目が惹かれた。
ここからバックパッカーという新たな文化が誕生し、KELTYのロゴを背負うことがステータスとなっていった。
その完成度と機能性の高さは、プロのクライマー達の注目を集め始め1963年のF.UnsoeldとF.Hornbeinによるエベレストへの初登頂、1966年ナショナル・ジオグラフィック南極大陸遠征、1975年K2、1982年Cholatseへの初登頂、そして1983年7大陸最高峰遠征…米国の歴史的偉業の多くはKELTYと共に達成されてきた。
1970年、メキシコ国境からカナダ国境までのアメリカ西海岸を南北に縦走する4,240Kmの米国の長距離自然歩道、パシフィック・クレスト・トレイル(PCT)を1シーズン以内に全行程を歩ききるスルーハイキングの最初の成功者、Eric Ryback(当時18才)のバックパックもKELTYだった。

[ケルティ] リュック 2592057 ヴィンテージ・デイパックHD2 B4サイズ収納可

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。