☆正規品新品未使用品 マキタ Makita 充電式コーキングガン 14.4V CG140DZ ☆正規品新品未使用品 マキタ Makita 充電式コーキングガン 14.4V CG140DZ 12174円 マキタ(Makita) 充電式コーキングガン 14.4V CG140DZ 産業・研究開発用品 接着・補修 コーキングガン 12174円 マキタ(Makita) 充電式コーキングガン 14.4V CG140DZ 産業・研究開発用品 接着・補修 コーキングガン /hessonite521115.html,産業・研究開発用品 , 接着・補修 , コーキングガン,マキタ(Makita),12174円,14.4V,CG140DZ,充電式コーキングガン,switch-on-desk.sakura.ne.jp /hessonite521115.html,産業・研究開発用品 , 接着・補修 , コーキングガン,マキタ(Makita),12174円,14.4V,CG140DZ,充電式コーキングガン,switch-on-desk.sakura.ne.jp

☆正規品新品未使用品 マキタ Makita 充電式コーキングガン 14.4V 大人気! CG140DZ

マキタ(Makita) 充電式コーキングガン 14.4V CG140DZ

12174円

マキタ(Makita) 充電式コーキングガン 14.4V CG140DZ

商品の説明

スタイル:本体のみ

商品紹介

電動工具

ご注意(免責)>必ずお読みください

★新品★ 新品未使用品です。 【国内通常配送無料 代金引換・お急ぎ便・コンビニ払い・コンビニ受取り可能です。 Amazon配送センターより迅速にお届け致します。アフターケアもAmazonカスタマーサービスが対応致します。】


メーカーより

 マキタ 充電式 コーキングガン CG180DRF		 マキタ 充電式 コーキングガン CG180DZ		 マキタ 充電式 コーキングガン CG140DRF		 マキタ 充電式 コーキングガン CG140DZ		 マキタ 充電式 コーキングガン CG100DSH		 マキタ 充電式 コーキングガン CG100DZ
マキタ 充電式 コーキングガン CG180DRF マキタ 充電式 コーキングガン CG180DZ マキタ 充電式 コーキングガン CG140DRF マキタ 充電式 コーキングガン CG140DZ マキタ 充電式 コーキングガン CG100DSH マキタ 充電式 コーキングガン CG100DZ
型番 CG180DRF CG180DZ CG140DRF CG140DZ CG100DSH CG100DZ
電圧 18V 18V 14.4V 14.4V 10.8V 10.8V
最大押出力 5,000N 5,000N 5,000N 5,000N 5,000N 5,000N
押出速度 0〜28mm/秒 0〜28mm/秒 0〜28mm/秒 0〜28mm/秒 0〜28mm/秒 0〜28mm/秒
1充電あたりの作業量(シリコン系・ノズル切断穴径φ5.0mm) 約500本(BL1830使用時) 約500本(BL1830使用時) 約410本(BL1430使用時) 約410本(BL1430使用時) 約150本(BL1015使用時) 約150本(BL1015使用時)
1充電あたりの作業量(ウレタン系・ノズル切断穴径φ10.0mm) 約760本(BL1830使用時) 約760本(BL1830使用時) 約760本(BL1830使用時) 約760本(BL1830使用時) 約210本(BL1015使用時) 約210本(BL1015使用時)
1充電あたりの作業量(根太ボンド系・ノズル切断穴径φ8.0mm) 約360本(BL1830使用時) 約360本(BL1830使用時) 約270本(BL1430使用時) 約270本(BL1430使用時) 約100本(BL1015使用時) 約100本(BL1015使用時)
セット内容 バッテリBL1830・充電器DC18RC・ケース付 バッテリ・充電器・ケース別売 バッテリBL1430・充電器DC18RC・ケース付 バッテリ・充電器・ケース別売 バッテリBL1015・充電器DC10SA・ケース付 バッテリ・充電器・ケース別売

マキタ(Makita) 充電式コーキングガン 14.4V CG140DZ

感性認知脳科学専攻は、人の高次脳機能である「感性」について分野横断的研究と教育を推進しています。

行動科学領域

行動科学領域では、こころの働きおよび脳の機能について、人や動物の行動科学的研究を多角的に進めています。

神経科学領域

神経科学領域では、6 つの研究グループが分子から構造、そしてシステムに至る様々な観点から複雑な神経機能の解明に取り組んでいます。

感性デザイン学分野

感性デザイン学分野は人間のこころに関連した広範な研究課題を多方面から観察し、人間の感性に基づいて、デザイン開発の全プロセスを新たな観点で提案しています。

感性人間工学分野

よりよい製品やサービスのデザインを目指して、脳活動や行動指標による人間の知覚・認知特性の評価から産業応用のための標準化にいたる研究を行っています。

精神機能障害学分野

精神医学的手法・行動科学的手法・心理学的手法・生物学的手法を用いて、病態や障害の解明および対応方法の開発の研究を行っています。

システム脳科学分野

システム脳科学分野には武井・野上研究グループ、松本研究グループ、設楽研究グループがあります。