2020新作 Yeenuo 燃料タンク304ステンレス鋼ガソリンコンテナガソリンオイルバレル20L車ジェリカンガソリン缶ガス缶 /afterschool603983.html,車&バイク , 洗車・工具・メンテナンス用品 , ガソリン携行缶,Yeenuo,switch-on-desk.sakura.ne.jp,7457円,燃料タンク304ステンレス鋼ガソリンコンテナガソリンオイルバレル20L車ジェリカンガソリン缶ガス缶 7457円 Yeenuo 燃料タンク304ステンレス鋼ガソリンコンテナガソリンオイルバレル20L車ジェリカンガソリン缶ガス缶 車&バイク 洗車・工具・メンテナンス用品 ガソリン携行缶 /afterschool603983.html,車&バイク , 洗車・工具・メンテナンス用品 , ガソリン携行缶,Yeenuo,switch-on-desk.sakura.ne.jp,7457円,燃料タンク304ステンレス鋼ガソリンコンテナガソリンオイルバレル20L車ジェリカンガソリン缶ガス缶 7457円 Yeenuo 燃料タンク304ステンレス鋼ガソリンコンテナガソリンオイルバレル20L車ジェリカンガソリン缶ガス缶 車&バイク 洗車・工具・メンテナンス用品 ガソリン携行缶 2020新作 Yeenuo 燃料タンク304ステンレス鋼ガソリンコンテナガソリンオイルバレル20L車ジェリカンガソリン缶ガス缶

保証 2020新作 Yeenuo 燃料タンク304ステンレス鋼ガソリンコンテナガソリンオイルバレル20L車ジェリカンガソリン缶ガス缶

Yeenuo 燃料タンク304ステンレス鋼ガソリンコンテナガソリンオイルバレル20L車ジェリカンガソリン缶ガス缶

7457円

Yeenuo 燃料タンク304ステンレス鋼ガソリンコンテナガソリンオイルバレル20L車ジェリカンガソリン缶ガス缶

商品の説明

Yeenuoポータブル燃料タンクは、長距離の旅行中にサイクリストに余分な液体を提供することができ、オフロードやキャンプのバックアップになります。ユニバーサル燃料タンクは、ほとんどすべての車両とボートに適しています。燃料缶は、ガソリンとディーゼルの理想的な輸送手段です。

特徴:
1.出荷前に厳密にテストされています
2.最高級の素材と優れた技量により、優れた耐久性と信頼性が保証されます
3.軽量で持ち運びに便利
4.燃料油、ガソリン、ディーゼルまたはその他の酒の貯蔵に使用できます
5.ガソリンスタンドでよく見られる
6.運転中の耐衝撃性により、ひび割れやその他の損傷が発生しません。

製品仕様:
材質:304ステンレス鋼

包装内容明細書:
1 *ジェリカン

ノート:
1.水で洗わないでください。酸化や腐食の原因になります。
2.オイルドラムに別のオイルを充填しないでください。 1種類のオイルのみを取り付ける必要があります。
3.ドラムにオイルを充填しないでください。「グリースバレル」の漏れを防ぐために、約5分の1の一定のスペースを確保する必要があります。

アフターサービスについて
商品やご注文についてご不明な点がございましたら、事前にお問い合わせください。お客様のご要望にお応えできる最高のサービスをご提供いたします。

Yeenuo 燃料タンク304ステンレス鋼ガソリンコンテナガソリンオイルバレル20L車ジェリカンガソリン缶ガス缶

のマークは米へのこだわり

1717年に灘の西郷で米屋の副業として、※のマークを掲げて酒造りを始めました。「米を生かし、米を吟味し、米にこだわる」創業から300年も続く沢の鶴の伝統です。

忙しい平日の夜にほっと一息

贅沢な休日に凝ったお料理と

家族で休日の夕食に

米とともに300年。これからも。

沢の鶴6つのこだわり

創業300年脈々と受け継がれる伝統と、新しい革新への遊び心が、沢の鶴のお酒のおいしさの秘密です。

企業情報

沢の鶴では日本酒と料理の相性研究会というものがあり、日々自分自身の色と日本酒が
どのように繋がる可能性があるのかを研究しています。

沢の鶴
これからの
300年に向けて

2017年、沢の鶴は創業300周年を迎えます。日本酒の名産地である灘の蔵元として、日本全国でお取り扱いいただいていますが、「手に入りそうで、意外と手に入らない」のが、沢の鶴のお酒です。これは、私たちが生産量や安売りを求めず、良い材料で昔ながらの伝統的な造り方を守り続けてきたからです。
私たちは、世界から“新しいお酒”と注目されている日本酒文化を大切にしながら、みなさまの毎日の食事がもっと美味しくなるお酒造りを続けていきます。これからの沢の鶴にどうぞご期待ください。

沢の鶴資料館

「昔の酒蔵」沢の鶴資料館は、酒造りの歴史を現代に伝えるために、古い酒蔵をそのまま資料館として1978年(昭和53年)11月に公開しました。
新神戸駅・神戸空港や神戸の中心三宮から最も近い日本酒の資料館として、多くの方に親しまれています。